【要約】里中李生/男の在るべき姿~10年間、文章を書きつづける。好きな歌や俳句を書き写す。俺は天才じゃない。だから努力を続ける。

一人前の社会人

初めまして!

YuToBLOG@yuupop1997)です。

YouTubeチャンネルは写真をクリック👇

10年間、文章を書きつづける。好きな歌や俳句を書き写す。俺は天才じゃない。だから努力を続ける。

 

上記したのは最近、僕のモチベーションが上がった言葉です。

 

里中李生さんの「孤独が男を変える」で紹介されていた1文です!

この孤独が男を変えるでは以下の文章が書かれています。

 

さらに里中李生さんの過去の本で特に印象に残った言葉が

 

かなり極論に感じる方も、もしかするといらっしゃるかと思いますが、

里中さんの明確な文章とその考えに深く触れていくと、里中さんの理想の男像がイメージすることができ、

上記の文も納得できるようになります。

 

 

僕は基本的に自己啓発本は読まない質ですが、里中さんの語る男性像が好きで、里中さん関連の本は必ず目を通すようにしています。

僕は

「ダンディズム=ストイック」

ちゃける時はとことんちゃける全員から好かれる性格で、ただ真剣な勝負の場面ではストイックに結果を追い求める強さもあるような男。が理想です。

この自分の理想を明確に言語化しているのが里中李生の本で、見るたびに自分の理想的な男としての在り方を思い出させてもらえます!

 

さらに里中李生さんの頭に入ってきやすい、とても分かりやすい文が大好きです!

僕は文章はある程度のレベルには、誰でも上達することができますが、一定レベル以上は「センス」だと考えていました。

言葉の選び方や例えの配置など聞き手や読み手を絶妙に引き込む才能を持ち合わせている一部の人が、本を書いたりメディアで大衆に語りかけているものだと考えていました。

しかし、

 

里中李生さんのこの文章で気持ちが変わりました。それが、

10年間、文章を書きつづける。好きな歌や俳句を書き写す。俺は天才じゃない。だから努力を続ける。

というものです。

著作権の関係で文章は簡単に要約させていただいていますが、この文から才能等ではなく、地道な努力の中で蓄積された経験から里中さんの分かりやすい文章が生まれているという事を知ることができ、自分も里中さんみたいな分かりやすく人々に勇気を与えられるような文章が書ける人間になりたい!という向上心が持てたことと、才能で片付け、努力をしない言い訳をしていた自分の過去を恥じました。

 

里中さんを目指し、これからも毎日、文章を書き続けていきます!!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました