とにかく性格良くなろう。

ライフハッカー

初めまして!

YuToBLOG@yuupop1997)です。

YouTubeチャンネルは写真をクリック👇

今回は

こちらのツイートのテーマである

『とにかく性格が良くなろう』

について、

①「自分に厳しく周りへ超甘く」で余裕を持った人間になる

②打ち込めるものを見つけて圧倒的行動することで自分に自信を持つ

③共感能力を高める-自分以上に大切な人を見つける。ワンちゃんや赤ちゃんを好きになる。

の3点に分けて深堀りして説明しようと思います。

 

 

①「自分に厳しく周りへ超甘く」で余裕を持った人間になる

 

皆さんにとって余裕のある人間とはどんな人ですか?

 

僕にとっては

「自分のやるべきことを果たしたうえで周囲の人間に気を配れる人」

です。

 

その為にはまずとにかく徹底的に自分に厳しくなる必要があります。

自身の人生戦略を明確にしたうえでハードワーカーであり、

そのうえ周囲の大切な人に対しては優しく接することができる人。

そんな人に僕はなりたいです。

ちなみに僕の現在の人生戦略は➡

 

これは鬼速PDCAと呼ばれるものでこちらの記事で紹介されています➡

 

②打ち込めるものを見つけて圧倒的行動することで自分に自信を持つ

 

上記したハードワーカーにあたる部分です。

僕の好きなアスリートの方でプロ野球選手の西岡剛さんが、

新人時代のインタビューで、オフでも毎日素振りを1000回以上している理由について聞かれたときに、

「とにかく自分はこれだけやったんだ!という自信が欲しいから」

と語られていました。

 

つまり、

これだけやったんだ!

というのは自信になる。という事です。

 

さらに、自信とは人間の魅力です。

できるだけ早く打ち込めるものを見つけて、

圧倒的行動で魅力を身に着けましょう。

 

③共感能力を高める-自分以上に大切な人を見つける。ワンちゃんや赤ちゃんを好きになる。

 

これは人間としての幅という部分で必要だと思いました。

 

自分以上に大切な人のために頑張る人間は強いのだと思います。

元プロ野球選手で監督も何度も務めた人を見るプロでもある野村克也さんは

自身の著書「野村ノート」で

『母親想いの選手はいざという時に踏ん切りがつくから強い』

とおっしゃっていました。

 

僕はこれは共感能力が高まるからだと考えます。

 

つまり、自分の努力が自分事ではなくなる。

そして、自分以外の人の人生も他人ごとではなくなる。

 

そうすることで

「人生の踏ん切り」

がつき、決死で頑張ることができる。

 

自分以上に大切な人を増やしていく人生にしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました