極端なものを作ろう。

ライフハッカー

初めまして!

YuToBLOG@yuupop1997)です。

YouTubeチャンネルは写真をクリック👇

最近の気づき

「極端なものを作り上げるのは楽しい」ということ

 

さらに極端なものは見るものを惹きつける

極端でゆこう。

 

魅力ある商品・サービスは極端である。

 

YouTubeでの情報発信を始めて以来、毎日5人以上のYouTuberを自分で検索して見つけよう。分析しよう。

 

という事を続けてきた。

 

やはり

良いコンテンツ提供者は基本的に極端である。

 

 

例えば、

AKIOBLOGさん。

 

彼は5月頃に24時間でチャンネル登録者が一気に500人,2万再生回数を獲得したリクルートサラリーマンルーティンを筆頭に、➡

【ルーティン】筋トレ大好き営業職サラリーマンの1週間 | WEEKLY ROUTINE IN JAPAN #1

 

 

2週間で5万人登録者を増やした。

 

動画を見ると明らかにわかる極端なストイックとその記録。

僕は登録者500人くらいからチェックし始めてその成り上がりを見れたからわかる、

興味を持ってもらうには極端に突き抜けることが大切なんだと。

 

 

マコなり社長

 

この方もチャンネル登録者100人くらいからチェックしていて、

#マコなり社長 #生産性 #仕事術

フリーランスで稼ぐヤバイ方法

 

今や登録者25万人!!

初めての頃は他のビジネス系YouTuberや個人で稼ぐ系ビジネスYouTuberみたいな感じで、

登録者5万人くらいがボリュームかなと考えていた。

 

しかし、マコなり社長のカリスマ性と視聴者のニーズに徹した内容・プレゼン方法で

一気にトップYouTuberへ!

 

マコなり社長に関しては、テック系スクールカンパニーの社長で

「社長が社員に送るアドバイス」ともとれるコンテンツと

他のビジネス系YouTuberのようなどこか他人事という雰囲気もなく、

極端なコンテンツといえるだろう。

 

さらにマコなり社長は経営者という事で普段触れている情報等も難解なものも多いはずだが、

動画上では一般人の方でもとても分かりやすいテーマを選定し、

YouTube利用者層を考慮したチャンネル運営を徹底されている。

 

僕も健康オタクで健康についての知識を語る際に

どうしても専門用語などの一般の方が興味をもちづらい内容を話してしまっている。

直さなくてば、、

 

アマゾンのジェフ・ベゾスも雑誌のインタビュー等では

アマゾンの売り上げや利益、自己資本比率などの経営指標を話さない。

 

なぜなら

アマゾンのカスタマーには関係ない事だからだ。

 

ページ②へ続く。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました